ワンルームマンション投資について

ワンルームマンション投資にて、避けられないことは税金の計算と支払いの問題です。不動産投資を始めると、確定申告又は青色申告をしなければいけなくなるので、面倒だと考えているオーナーもいると思いますが、確定申告や青色申告をすることで、不動産投資でえた利益から必要な経費を掛けることで、節税効果をある事ができます。
節税こそ不動産投資で受けられるメリットと言われています。税金の仕組みは、一度計算方法を理解できれば意外と難しくありません。

節税の恩恵を受けるには、何もしなければ受けることはできません。税金対策について理解することは非常に重要ですので、今回はマンション投資における節税効果について紹介したいと思います。

相続税を節税する効果について

ワンルームマンション投資のメリットである収益以外のプラス面は、節税効果が多きことだと言えます。
まずは、相続税ですが、2015年1月1日以降に基礎控除額が改正され、全国的に課税対象者が大幅に増加し、何の対策もしなければ、相続時の税額は高額になります。
相続する際は現金や株といった有価証券は100%課税対象となりますが、不動産投資の際は、課税対象が基本的に約60%に下がります。
保有しているワンルームマンションを投資物件として第三者に賃貸すると、建物の評価額から更に30%控除され、物件の種類によっては、小規模宅地の特例制度が適用されます。敷地の種類によっては評価額が減額され、土地の相続税評価額はさらに減額されることになります。
このような理由から、親が所有してきた土地を節税目的で相続した場合は、マンション投資を始める人が増加した要因です。

所得税の節税効果について

課税所得が500万円の場合、所得税は200万円×約20%(税率)=40万円となります。
反対に不動産投資の収支が申告する際にマイナス40万円だとしたら、40万円×約20%(税率)=8万円の節税効果がでることになります。
では、住民税を算出してみましょう。
高額の不動産を購入した場合は、その購入費用を一定の年数に分割して経費計上することが公に認められており、減価償却費と言います。
減価償却費は経費になりますので、実際に現金は動きませんのが毎年の利益を低く抑えることができるのが特徴です。
不動産経営が赤字になった場合、税金を支払う必要がなくなり、更にサラリーマンで不動産経営をしていれば、納付した税金が源泉徴収として還付されます。この節税効果は、会社員だからこそメリットを実感できると思います。
近年では節税のためにサラリーマンが区分所有のワンルームマンションを経営することが増加しています。
今後も税制面で優遇されているワンルームマンションの投資は増加することが予想されています。

まとめ

まとめますと、相続税、所得税に対して流動性が高いワンルームマンション投資が増加している傾向があります。ここで紹介したものは公に認められている節税対策ですので是非確認して下さい。