問題のある土地を買ってしまった!【不動産オーナーが知っておくべき節税策ベスト100選】

他人の持分があるなんて聞いてない!

それでは少し状況を変え、買主A氏は、売主B氏から土地200㎡を購入しました。しかし、その土地のB氏の持分は4分の3(150㎡)しかなく、持分4分の1(50㎡)はC氏のものであることが判明しました。つまり、売主B氏は他人と共有する土地を買主A氏に売りつけたのです(一部他人物売買)。この場合、A氏は土地を200㎡すべて取得できるのでしょうか?

これも一見して、売主B氏が買主A氏を騙した酷い話のように見えますが、売主B氏は買主A氏に対する債務を履行するために、自分で持分4分の1(50㎡)をC氏から買い取って引き渡せいいだけの話しです。現実的に想定できる話しでしょう。
しかし、B氏がC氏から買い取ることができず、債務不履行となった場合が問題となります。この場合、買主A氏は、C氏の持分のことを知っているときでも、知らないときでも、売主A氏に対して代金の減額を求めることができます。しかし、損害賠償の請求については、A氏がC氏の持分があることを知らなかったときに限ります。

土地を測量したら契約内容よりも小さかった!

買主A氏は、賃貸アパート建築のために先行して、売主B氏と「土地200㎡を1㎡単価50万円で譲渡する。」と書かれた契約を締結し(数量指示売買)、土地を購入しました。しかし、その土地を測量してみると実際には180㎡しかなく、20㎡足りないことが判明しました。この場合、A氏は何を請求することができるでしょうか。

もしA氏が180㎡であることを知っていたのであれば、A氏にとって何ら不都合はないでしょう。単に契約書の記載ミスということになりますから、A氏は何も請求することはできません。
しかし、A氏が180㎡であることを知らなかったのであれば、売主A氏に対して代金の減額を求めることができます。また、それに伴って損害賠償を請求することができます。さらに、180㎡しかないことによって、当初予定していた賃貸アパートが建設できない事態に陥ったのであれば、契約を解除することができます。

抵当権が付いている土地を買ったが競売にかけられた!

買主A氏は、売主B氏から土地を購入しました。しかし、その土地には金融機関の抵当権が設定されています。B氏が債務を返済することによって抵当権が消滅すれば何も問題ないでしょう。しかし、債務が返済されず、金融機関が抵当権を行使して競売にかけてしまいました。このような場合、A氏は何を請求することができるでしょうか。

A氏が抵当権のことを知っていたとしても、買主A氏は、売主B氏が抵当権を消してくれるはずだと期待していたことでしょう。土地が競売されることによってA氏の期待は裏切られ、購入した土地を取得することができなくなりました。それゆえ、買主A氏は売主B氏に対して契約の解除を求めることができます。また、それに伴って損害賠償を請求することができます。