不動産投資にお得な減価償却

不動産投資で経費を掛けることで利益を抑えて税金を安くするには、減価償却はとても重要な経費になります。減価償却とは会計上の概念で、時間の経過によって資産の価値が減少することを各年分の必要経費として配分していく手法です。
不動産投資をする場合は、この減価償却を活用して税金の還付を受けられる可能性も高くなります。今回は減価償却について紹介していきます。

減価償却の考え方とは

不動産投資に限らずどんな事業でも、売上から費用を差し引くことで利益を計算し、この利益である、所得にもとづいて課税される金額が決まります。
原則論ですが、利益及び損金は課税期間内の収入と支出から構成され、不動産投資の場合、大きな支出項目として不動産の購入費があります。これは不動産購入時に一括して費用が発生しますが、その支出額を損金として全額計上すると、今後数十年にわたり得る家賃収入と物件を購入する費用のバランスが取れなくなります。
不動産の購入費の動きをそのまま、毎月の所得計算に反映するのではなく、物件の価値を、資産価値に注目することで、不動産の減価償却資産を、時間の経過によって劣化する価値が目減りすることになり、資産価値が減少することを、会計や税法では毎年の必要経費として計上することができます。
物件購入時に購入費用すべてを経費計上すると、利益と損金の対応関係が取れなくなってくるので、一定の計算方法によって毎年の必要経費として配分することができます。
これを減価償却と言います。

減価償却の仕組みとは

減価償却資産は建物の構造や用途に応じて耐用年数に当たる償却率が決まっています。そして減価償却資産の購入費用を、耐用年数に応じて配分することで、購入費用に償却率を乗じて減価償却費を算定します。
このように計算された、減価償却費はが毎年の必要経費となり、所得計算における経費として計上することができます。
土地は時の経過等により劣化しないので、非減価償却資産になり、減価償却をしません。
不動産投資では、必要経費に占める減価償却費の割合が大きくなりますので、その重要性は高くなります。そのため、減価償却について正しく理解しなければ、所得を正しく計算することも、税額を算出することもできません。

まとめ

まとめますと、減価償却費は不動産購入価格から算出され、経費のひとつとして計算できます。土地以外の劣化する資産に対して耐用年数から計算されます。
減価償却は不動産投資の経費の大きな金額を占めるため重要な要素で、不動産所得金額を計算するためにも重要で、減価償却を活用し、効果的な不動産投資を計画していき、利益を抑えることができますし、税金も控除されますので良く知っておいてください。