富裕層と言われる方の相続は、一般の方の相続と同じように考えてはいけません。まず資産規模が大きいため相続税率が高くなってしまうので、納税資金の確保が大きな問題になります。また大規模不動産や企業のオーナーという場合も多いので、そうした資産をどう次世代に引き継いでいくべきなのかということも考えなければなりません。ただ富裕層の方しか利用できない金融サービスなども多いので、そうしたサービスを上手く活用することで問題が解決する場合もあります。