M&Aに伴い同族株主間が株式を譲渡する場合の株価

M&Aの実行に伴って、複数のグループ会社の組織再編を行うケースが多く見られます。株式譲渡や事業譲渡もあれば、非適格の組織再編のケースもあります。いずれにせよ、同族株主の間で株式を譲渡する場合、その株価が問題となります。

非上場株式の計算式

第三者間で株式譲渡を行う場合は、「株式の時価」が取引価額となり、売主と買主の交渉により決定した金額が取引価額となります。そして、この場合の非上場株式の時価は、当事者間で決定した取引価額となります。

しかし、非上場株式には取引相場がなく客観的な時価が把握できないことに加えて、同族株主間ではそもそも価格交渉できないという問題点があります。このため、非上場株式の売買においては、相続税、法人税および所得税の計算上用いられる評価方法に基づいた株式評価を行なって取引価額を決定することが一般的です。

当事者が個人の場合、相続税評価額によって株式を評価します。

これに対して、当事者が「法人」の場合、法人税法における非上場株式の評価は、基本的には相続税評価を準用しながら、それに次の3つの条件を加味して株式評価を行います。

1. 株式を取得する法人および株式を売却する個人がいずれも「中心的な同族株主」に該当する場合は、会社規模は小会社(折衷割合0.5)として評価すること
2. 純資産価額方式による評価計算においては、会社所有の土地や上場株式の評価を時価によること
3. 純資産価額方式による評価計算においては、評価差額に対する法人税相当額の控除をしないこと

実務上は中心的な同族株主に該当するか否かに関係なくL=0.5、すなわち、類似業種比準価額×0.5 + 純資産価額×0.5 で計算します。

親族外事業承継の方法としてM&Aを活用する事例が増えていますが、M&A株価と税務上の株価は異なりますので、自社株評価を行う際にはその点を注意しなければなりません。