株式や債券にはない魅力〜投資対象としての不動産の位置づけ〜

投資対象としての不動産の位置づけ

多くの方にとって不動産は住居やオフィスなど使うためのものでしょうが、不動産には投資対象としての位置付けもあるのです。

投資対象として見たときの不動産の特徴

不動産は、自ら利用(住む、事業で使う)、保有することにより満足を得ることができる資産です。つまり、自ら居住の用あるいは事業の用に供することができます。自宅を所有するか賃貸にするかの判断は難しく、必ずしも自宅を取得する必要のない世帯が増えているため、住宅ローンを組んで所有するか、一生賃料を払い続ける賃借とするか、これらの有利不利は金利条件等の想定条件により拮抗します。例えば、現在のような低金利時代では、住宅ローンを組むことに有利に働くことでしょう。

また、不動産は、賃貸収益や価格上昇の利益から満足を得ることができる資産です。つまり、投資用資産として資産運用の一つの選択肢となります。不動産の資産価値変動は株価ほど大きくなく、得られる年間収益は債券より高めとなります。したがって、不動産は他の金融資産と比較してミドルリスク・ミドルリターンの特性があると言うことができます。ただし、個々の不動産ごとに価格変動や年間収益を見るとそのボラティリティは高く、不動産は個別性が強く、流動性リスクも高いことに注意しなければなりません。このような投資対象としての特性を享受するためには、分散投資が必要となります。立地や用途、築年等によってリスク・リターン特性が違うため、不動産ポートフォリオを組成するとよいでしょう。

そして、不動産はインフレに強い資産との認識が一般的ですので、インフレに弱い金融資産とともに分散投資を図ることも必要です。

投資対象としての不動産の位置づけ

投資対象としての不動産の位置づけ