代表挨拶

ごあいさつ

DSC_4140私が相続税申告に取り組もうと考えたのは、長年の実務経験の結果、この仕事が、お客様に最も大きな付加価値を提供できると思ったからです。

公認会計士、税理士、金融マンとしてのキャリアを積む中で、経営コンサルティング、ファイナンス、会計・税務など様々なサービスを提供することによって、お客様の利益最大化に貢献しようと努力してきました。法人のお客様の利益最大化、個人のお客様の財産価値最大化が目標です。
事業戦略の実現、資金調達、税務申告など様々な側面でお客様をお手伝いしましたが、これまで私が提供した価値で最も大きなものであったのが「節税」でした。

「節税」と言いますと、些細なことと思われるかもしれません。しかし、売上拡大による利益増加よりも、税金コスト低減による利益増加のほうが、圧倒的に効果が大きいのです。また、個人財産にしても、死んでしまえば、大部分が相続税の支払いに消えていくため、残された子供たちが受け取る財産は小さくなります。

富裕層・資産家の多くは、企業経営者であり、不動産オーナーです。このようなお客様の利益最大化をサポートするためには、税務申告の知識だけでは足りません。企業経営の知識や、資金調達、資産運用、不動産投資の知識が不可欠となるのです。私はこのような知識を習得するために、大手金融機関で経験を積み、中小企業診断士や証券アナリストの資格を取得しました。

専門通常の税理士は、税理士資格しかもっておらず、学歴が低いことが多いようです。これに対して、私は、公認会計士、中小企業診断士、証券アナリスト資格を有し、高学歴という特徴を持っています。
また、通常の税理士は、会計事務所でしか働いたことがなく、若い頃は記帳や決算といった事務作業しか経験していません。これに対して、私は、一流の監査法人、大手金融機関で働いたことがあり、富裕層向けリテール営業や大企業向け法人営業を経験しています。

富裕層・資産家の方々の相続と事業承継は、それらの知識と経験が必要です。私が相続税申告を行う、日本橋相続税相談室にお任せください。


日本橋相続税相談室 代表
島津会計税理士法人東京事務所 所長
岸田 康雄

PAGE TOP