不動産投資による財産評価引き下げ(節税)

不動産投資による財産評価引き下げ(節税)

不動産投資による節税(財産評価引き下げ)のイメージ

保有資産のほとんどが金融資産であるならば、賃貸不動産への投資をすることで相続税が大幅に節税できます。

保有資産のほとんどが金融資産であるならば、 相続税負担を軽減するために、賃貸不動産へ投資すべきです。

相続発生時に市場価格で評価される現金や有価証券を、市場価格よりも低い相続税評価額となる不動産に組み替えることで、財産全体の評価を引き下げ、財産承継にともなる税負担を軽減させることが目的です。

タワーマンションは、土地の持分が著しく小さくなるため、大きな評価減(高い圧縮率)を実現できます。

p-v-reduction-img-02

pvr03

日本橋相続税相談室の資産管理会社パックのご案内

tax-saving1-3-img-01-1024x597

PAGE TOP